Currently browsing tag

ラベンダー

ローズマリーの精油 ①

シソ科の常緑低木学名:Rosemarinus officinalis(和名:マンネンロウ)ローズマリーの語源はラテン語で「海のバラ」「海のしずく」という意味ですローズマリーの精油は、産地によって香りに違いがあるようですが、フランス産のものは少し刺激があって樟脳のような香りがします。

ラベンダーの精油

東洋医学から見ると 熱性の症状、例えば炎症、けいれん、痛み、イライラを鎮めます。
気の流れを穏やかに調整してくれるので 欲求不満やうっ積し押し殺した感情を解放してくれます。

アロマテラピーの新しい幕開け

ルネ=モーリス・ガットフォセは様々なエッセンシャルオイルの研究を重ねその成果を 著書「アロマテラピー」で発表しました。それによりアロマテラピーというと言葉が誕生し、アロマテラピーの新しい幕開けとなりました。

ローズウッドの精油について

クスノキ科の熱帯雨林の常緑樹から採取されます。その名も示すように甘いローズの香りがします。微かにオレンジや金木犀の香りもします。香水業界でのは古くから有名で「ボアドローズ」と言われ、大変人気の香りです。