未来に続くいのちのために 原発はいらない


1997年に亡くなった、平井憲夫さんという方が生前に書きとめた文章(原発がどんなものか知ってほしい)が再び話題になっているそうです。

私も初めて知りましたが、講演のビデオも残っているらしいです。その文章に関しては、原発推進派の方の一部では「怪文書」扱いで、ほとんどが嘘だといっています。自分たち専門家の中では「笑うしかないくらいあきれる内容」と言っていると・・でも名前はいっさい出していないです。しかも福島原発事故の後にコメントしている人はいない。私はもちろん専門家でもなく詳しいことはわかりませんが、仮に平井憲夫氏の発言に間違っていることがあったとしても、現実を見つめてみれば、将来の為に「原発が必要」という答えは出ません。国民に全ての事実を伝えるべきだとつくづく思います。

2010年7月に発行されたこの小冊子はとてもわかりやすく原発のことが書かれています。

一冊100円です。是非皆で読んでみませんか。

これから暮らしやすい地球環境にしていくために 『すべては、一人ひとりの想いと行動から始まる』 のだと感じます。

地震列島日本の原発からの影響.jpg

発行 PKO法「雑則」を広める会
0422-51-7602 ・ 047-395-9727




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です