Currently browsing category

アーユルヴェーダ

フフ山梨

転ばぬ先の杖

今日は満月。 東京から月は見えそうもない。 一昨日の中秋の名月。 夜空に電灯が灯っているかと思うくらい明るくきれいな月だった。 10月15日に山梨県にある「保健農園ホテルフフ山梨」というホテルで脳疲労回プログラムとして「 …

spice

花粉症対策② 生活習慣編

  止まらない鼻水、くしゃみ、涙、その粘液はどこから出てくるのでしょうか? アーユルヴェーダではそれが身体のアーマだと言います。アーマとは消化し切れずに身体に残り蓄えられてしまった未消化物のこと。 体質の良し悪 …

ネティーポット&薬用オイル

花粉症対策① 対処法編

鼻と肺は共同の呼吸器管です。鼻から吸った空気は気道を通り肺に入り、体内へ入っていきます。鼻はその過程で最初の浄化器官でフィルター機能のようなもの。 ここに異物が入ってくると鼻水などを出し体内に入るのを防ぎます。 花粉症は …

R0013781

ヘナとインディゴで白髪染め

いつもヘナとインディゴで白髪染めをしていますが、伸びてきたので白髪が目立ってきました。 今回もヘナでパックして、その後インディゴでもう一度パックするやり方でやりました。 染める前の状態。結構目立ちますね。 ヘナパウダーだ …

アーユルヴェーダと宇宙

アーユルヴェーダと宇宙

アーユルヴェーダは宇宙と同じ素材で出来ている私たち一人一人を小宇宙と捉えています。 地球では、微生物が植物を育て、植物は動物に酸素と食物を与え、動物はまた微生物に繁殖の場を与えるという生命のサイクルがあります。 毎日、太 …

トリドーシャ

トリ・ドーシャとは

トリドーシャ トリドーシャはアーユルヴェーダを理解するのにとても重要なキーワードです。 トリ・ドーシャのトリとは、サンスクリット語の3つという意味です。 ドーシャは「病因素」と訳されていて、悪くするとか腐らせるという意味 …

アーユルヴェーダとの出会い

アーユルヴェーダとの出会い

ヘナというインドハーブとの出会いから始まりました。 ヘナというのは、白髪を染める植物だと思っていたのですが、実は、アーユルヴェーダという医学の中で、皮膚病や血液の浄化、毒素排泄として数千年もの長きに使われ続けてきた薬草で …

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダの始まり

アーユルヴェーダの始まりは? アーユルヴェーダは、5000年ともそれ以上とも言われる昔から、師匠から弟子、師匠から弟子へと口伝で伝承されてきました。 世界最古の母なる医学としてWHO(世界保険機構)でも承認された医療体系 …

アーユルヴェーダとヨーガ

アーユルヴェーダとヨーガとインド占星術

はじめまして^^ アーユルヴェーダ、ヨーガ、インド占星術について書いていきます。 みなさんよろしくお願いします。 アーユルヴェーダ、ヨーガ、インド占星術 それは深~い宇宙の真理を解くもの。 今、生活の中心にあり、昔から一 …

アーユルヴェーダの価値

アーユルヴェーダは中国医学やギリシャ医学にも影響を与えた世界最古といわれるインド伝承の医学であり、5000年とも言われるその長い歴史の中で進化し続けてきた学問なのです。