ヨーガ療法とは


ヨーガ療法とは

5000年前の古代都市が繁栄したインダス文明の頃には、すでに瞑想修行を行じる人たちがいたと言われています。3000年前には今に残る書物が記されました。そうした伝統的ヨーガを実践していた人たちは大変健康で長生きでした。数千年にもわたり師匠から弟子、師匠から弟子へとその伝統は継承され、今に至ります。途絶えることなく続いて来たのは、そこに人の叡智があるからでしょう。

ヨーガ療法とは、そうした伝統のヨーガのエッセンスを現代の科学で検証し、ライフスタイルに合わせ、いつでもどこでもどんな時でも、セルフケアとして実践できるようにしたものです。安心・安全・効果的であり、無理なくどなたにでも実践できるプログラムとなっています。ヨーガ療法には大きな四つの柱があります。

  1. エクササイズ
  2. 呼吸法
  3. 瞑想
  4. リラクゼーション

これらを実習するにあたり、いくつかの大切なポイントがあります。

① 合わせる。

体を動かす時、ゆっくりとした動きに意識的に呼吸を合わせます。そうすることで忙しない心のスピードもゆっくりさせることができます。

② 緊張と弛緩を感じる

力を入れたり緩めたりを繰り返すことで、筋力強化と共に自動的に自律神経が整い、それにより免疫機能の調整や成長ホルモンの活性化が報告されています。

③ 今ここ

実習中は、今、働きかけている体や呼吸に意識を向けます。自分自身に起きている変化を観察していきます。

④ ありのまま

そういう自分自身の状態そのままを客観的に観察していきます。

このようなポイントを抑えながら実習をすることで、必要な肉体の強化とともに、日常の些細な変化に気づきやすくなり、不調やストレスの種を未然に防ぐことが出来るようになっていきます。また、思い込みやこだわりなど、心の癖が作り出す苦しみからの解放へも繋がり、心身の深いリラックスへ導かれます。

ヨーガは、実践の科学です。少し堅い言い方かもしれませんが、実習することと知識として理解することを平行して実践していくことによって味わうことのできるものです。

その背景には、長い人体検証の歴史があります。

また、今後、少しずつその内容をお伝えして参りますので、楽しみにしていてください。

白梅 紅梅




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です