トリ・ドーシャとは


トリドーシャ

トリドーシャ

トリドーシャはアーユルヴェーダを理解するのにとても重要なキーワードです。

トリ・ドーシャのトリとは、サンスクリット語の3つという意味です。

ドーシャは「病因素」と訳されていて、悪くするとか腐らせるという意味があります。

ヴァータドーシャ ピッタドーシャ カパドーシャという3つのエネルギー。これは1つの物質として取り上げる事は出来ないもので、目には見えないものですが、生体機能や自然環境すべての現象を司っているエネルギーの源のようなものと言えます。

人の性質、人の性格、食物、季節、時間、人生は、3つのドーシャ(トリ・ドーシャ)でパズルのように理解する事が出来きます。

 

私たちの身体はドーシャが乱れると健康を害し、バランスが取れていれば健康でいられます。

アーユルヴェーダでは人が生まれてくるある瞬間にトリドーシャのバランスが決まり、それが一生変わらないと言います。

ただし、ドーシャは環境や出来事をどう感じるかによっても変化します。常に変化しているといってもいいものですので、生まれた環境や育った環境などによって後天的に変化していくものなのです。しかしもともと持っているものは変わりません。ですから乱れやすいもの乱れ難いものがあるのです。

  • 暑さに強い人
  • 乾燥に弱い人
  • 消化に時間のかかる人
  • すぐにおなかの空く人
  • 頭に血が上りやすい人
  • のんびりしている人
  • 気の長い人短い人

などなど

これらはすべてドーシャのバランスで説明がつくものです。

持って生まれた体質の事を「プラクリティー」後天的なものを「ヴィクリティー」といって分けて考えます。

ですので人には皆「個性」というものがあり、同じものを食べても同じ事をしても反応は持って生まれた性質によって皆違うものなのです。

健康という事を考えるとき、個々の体質をはずしては全く考えられないものです。

 

五大元素とトリドーシャとは

五大要素とトリ・ドーシャ

大宇宙には5大元素である「空・風・火・水・地」という5つのエネルギーが存在し、小宇宙である人間もこの5大元素で構成されています。

  • ヴァータ・・・空・風の元素 (運動、移動のエネルギー)
  • ピッタ・・・火と水の元素 (熱、変換のエネルギー)
  • カパ・・・地と水の元素 (安定、保持のエネルギー)

空が動いて風を作り出します。風の摩擦による熱が火を起こし、その熱が元素を溶かして水になり、それが固まって土となるといわれます。

今の季節はどの元素が多いのか、この食べ物にはどの元素が多いのか・・・なんてかんがえたこともありませんよね。でも持って生まれた自分自身の五大元素所謂ドーシャのバランスによっては取り込むエネルギーによりバランスが狂ったり整ったりするんですね。

朝起きてから夜寝るまで 何を見て 何を聞いて 何を食べて どんな環境で何をして どんな人と過ごすか によって体のバランスは変化します。

五感というのは私たちの精神を司る要因になります。

どんな精神を育むかは五感をどう使うかによると言うことなのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です