アーユルヴェーダの始まり


アーユルヴェーダの始まりは?

アーユルヴェーダは、5000年ともそれ以上とも言われる昔から、師匠から弟子、師匠から弟子へと口伝で伝承されてきました。
世界最古の母なる医学としてWHO(世界保険機構)でも承認された医療体系です。

アーユルヴェーダの医学はインド伝承といは言っても、西はイランから東はインドネシア、南はスリランカから北はモンゴルに至るまでのかつてのインド文明圏全体の中で発達しています。

アーユルヴェーダ

現代医学の祖といわれるヒポクラテスに代表されるギリシャ医学や、ユナニ医学、チベット医学、中国医学などの他のさまざまな伝統医学に影響を与え、今なお広く実践され、再び広く受け入れられはじめています。

創始者はいないとされ、正確な発祥起源ははっきりしていません。

文献上では、3500年前とされていますが、現存する最も古い文献といわれるインドの聖典であるヴェーダを起源に持ち、
古代の遺跡からもっと古い時代にその軌跡が発見されています。

ヴェーダには、「リグヴェーダ」「ヤジュルバヴェーダ」「サーマヴェーダ」「アタルバヴェーダ」の4聖典があり、
アーユルヴェーダはその中の生命、医療の記述の多い「アタルバヴェーダ」の準ヴェーダに位置づけられています。

アーユルヴェーダの古典書には、「チャラカ・サンヒター」「スシュルタ・サンヒター」「アシュターンガフリダヤ」の3聖典あります。

紀元前8世紀頃、アーユルヴェーダの偉大な師であるアートレーヤーがアグニヴェーシャをはじめとした6人の弟子にアーユルヴェーダを伝えそのすべての弟子たちそれぞれが聖典を書き残しました。

その中の一番優秀だったアグニべーシャの記述を紀元前2世紀ころにチャラカというアーユルヴェーダ医が編纂したのがチャラカサンヒターということになります。

主に内科学的な記述が多く、全120章8編からなります。スシュルタ・サンヒターは外科学的な記述が多く、紀元前7世紀頃に活躍したとされる医者が編纂したとされています。
それ以前はすべてが暗記や記憶による伝承であったとされています。

その昔、世間の人々が病に苦しみ困っているのを聞いた聖者たちが、これから先心や身体の病気で苦しむ人々をいかにして救うかと
ヒマラヤの地に集まり、深い瞑想の中から宇宙の叡智を読み取ったとされ、聖者にもらすことなく伝授された大いなる智慧がアーユルヴェーダであるといわれています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です