アーユルヴェーダの価値


アーユルヴェーダの価値

今、アーユルヴェーダを学んでいます。中医アロマセラピーのトリートメントをする前にヘナの足湯をしてからやっていますが、とても効果を感じていました。私はホホバオイルがとても気に入っていますが、アーユルヴェーダで使うごま油は油の中では唯一熱を加えて抗酸化作用が高まるという性質の油です。治療にも使える毒素排泄のオイルとしてもとても有益です。

現在、ヨーロッパや世界の先進国にはアーユルヴェーダの病院がない国は無いと言われていますが、未だ日本でのアーユルヴェーダの認知度は低く、アーユルヴェーダを取り入れた総合病院もなく医療としても正式に認められていない状況ですので保険も利きません。しかし、アーユルヴェーダは中国医学やギリシャ医学にも影響を与えた世界最古といわれるインド伝承の医学であり、5000年とも言われるその長い歴史の中で進化し続けてきた学問なのです。大宇宙と自然と肉体と精神を相対的に捉えた医療の知識を是非私達日本の家庭にも取り入れていけたら、現代の私たちの生活と照らし合わせてみることで少しずつでも地に足の着いた生活を実践していけたらと思っています。

進んだ現代の最新医療により助かる人も多いと思います。手術もいたしかたない状況もあります。ただその前後の予防やケアーにはホリスティック医療が良いと思います。

まだまだ意外と浸透していないアーユルヴェーダですがこれからの時代を考えると私たちの生活にとても必要な要素が揃っているのでは・・・と感じている今日この頃です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です